ボルネオ島、ジャングルの中にあるダガット村での生活・文化・生き物などについて書いてみます

カンポンライフ @ ダガット村

村の生活 植物 食べ物

クワレシダ / Vegetable Fern

投稿日:

クワレシダ Diplazium esculentum / Vegetable Fern
マレー語 : Paku Pakis、ティドン語 : Kejau

パキスを採る義兄のルンジ

パキスは東南アジアでよく食べられている食用シダです。多年草で生育が早く、まとまって生えてくれるので収穫が楽な、村では一番食べる頻度が高い野菜になります。

収穫は簡単で、先端の柔らかめの部分を捻るだけ。あっという間にバケツ一杯集まります。お手頃ですね。いくつかある食用シダの中でもパキスは日当たりの良い川沿いの氾濫原に密生しています。手軽にたくさん、いつでも採れるのです。

パキスの密生地

ゼンマイのようにまだ葉が開いてないもの、葉が開いてまだ若いものを収穫します。僕は葉が好きなので開いているのを収穫するのが好きですが、好みが分かれるところです。

調理は主に炒めるか茹でるかですが、生でもそのまま食べられます。サラダにしてもおいしいです。若干アクがありますが、気になるほどでもないです。

こんな手軽にとれるパキスも、町では買わなくてはなりません。量に比べるとそれなりの値段がする上に、やはり長持ちしないので採ってその日の内に調理するのが一番です。

一般的な炒め物。洗って適当に切り、オニテナガエビを出汁にして炒めます。

プランテーション・ワーカーがジャングルに密猟に入り1週間遭難した後、村民に保護されるという事がありました。彼らは1週間の間ずっとパキスしか食べてなかったとか。ご飯をあげたら泣いて食べたそうです。そりゃ飽きますよね。

パキス炒め、オニテナガエビ、魚の夕食

パキスはゾウやバンテンなど、野生動物の餌になりますが、スイロクは食べないのだとか。不思議ですね。

美味しい野菜なので、東南アジアにお越しの際はぜひ食べてみてくださいね。

-村の生活, 植物, 食べ物
-

Copyright© カンポンライフ @ ダガット村 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.