ボルネオ島、ジャングルの中にあるダガット村での生活・文化・生き物などについて書いてみます

カンポンライフ @ ダガット村

コタキナバル

コタキナバルの治安 安全な観光のために

投稿日:

僕は今はダガット村とコタキナバルを行ったり来たりの生活しているので、コタキナバルのニュースもちらほら耳に入ってきます。

コタキナバルはサバ州の州都で、ショッピングモールと言った地元の商業施設、様々なレストラン、リゾート施設などもあり、サバ州旅行の玄関口としても賑っています。

先日、セントラルマーケット周辺で日本人旅行者が荷物を全部強盗に盗られたというニュースを聞きました。コタキナバルは東南アジアの中では治安状況も良い街です。ただ、やはり日本と比べればそういった事件は多く、日常的に耳にします。旅行者への強盗はそこまで多くないのですが、スリや置き引き、引ったくりは毎日起きるものです。

コタキナバルには色々な人種が住んでいますが、旅行で来られる方は、貧困層や他国からの出稼ぎ労働者も多いことに留意した方がいいかもしれません。日本に居ると意識することは少ないかもしれませんが、多民族国家であることは色々な格差が生まれることでもあります。街には更に貧しく、孤独な出稼ぎ労働者も多いです。

事件現場近くで夕方から開くフィッシュマーケット。色々な人種が集まり旅行者も訪れる。

今回事件の起きたセントラルマーケット周辺は、別名フィリピンマーケットと呼ばれるハンディクラフトマーケットがすぐ近くにあります。事件の犯人も外国籍とあったので、恐らくそういうことでしょう。そこから内陸に向かった売春宿が多いエリアにかけては、路地裏には入らない方が無難です。
この周辺は街の中ではそれなりに治安が悪く、日中でも雰囲気が悪い場所があり、密輸品や覚せい剤の取引も行われています。あまり旅行本では紹介されないものですが、そういう場所だと思って行動した方がいいです。

そして、外務省危険情報でもサバ州の東海岸が危ないと言われる誘拐ですが、僕の意見では、フィリピン系が多く潜み、目立たずに行動できるこういった大きな町の方が危ないと思います。国境はあって無いようなものです。パスポートを持ってない人や、その親族は町中に沢山いますし、テログループ関係者とされる人が捕まっているのは街や内陸の村です。

やはり旅行者さんは中国人、韓国人、日本人全て服装や雰囲気が違いますが、いずれもすぐ見分けられますし、凄く目につきます。日本人は前者に比べ、落ち着いた服装なのですがやっぱり小綺麗です。正直に言わせていただくと、街で見かける日本人グループさんは危なっかしいなぁと思うことが多いです。行動が日本の街中を歩いている時と同じように無防備で、服装も日本の夏、はたから見るとかなり浮いてしまっています。お金がなく、失うものもないような人たちにとっては、自分達とは違う世界から来たお金を持っている人達が自分の行動範囲をきょろきょろと観光している。高そうなカメラや携帯で自分の生活エリアの写真を撮っている。それだけで感じるものが有り、それは強盗の対象とする十分な動機にもなります。

服装や持ち物、態度から、そういったメッセージは出来るだけ発さないように、そして人気の少なく、雰囲気の違う場所にはあまり立ち入らないようにすることが大切だと思います。荷物はコンパクトに、襲われてしまった場合にも抵抗せずに渡してしまえるだけ持ち歩くのがいいでしょう。

リゾートの場合も同様です。雰囲気はよく、配慮はされているのですが、安く雇われているのは低所得層の場合が多いです。リゾート内であっても、荷物の管理だけはしっかりした方が無難です。

折角の旅行なので解放感を味わい、楽しむことは良いことですが、自分たちはお金を持っているイメージで見られているという事は常に留意しておいた方がいいと思います。楽しい時間を過ごすためにも、安全は第一ですから。

コタキナバル、情緒溢れる楽しい街です。脅かしてしまったようですが、他に比べれば安全な方です。安全意識を持ちながら、是非遊びに来てみてください。

-コタキナバル

Copyright© カンポンライフ @ ダガット村 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.