ボルネオ島、ジャングルの中にあるダガット村での生活・文化・生き物などについて書いてみます

カンポンライフ @ ダガット村

お知らせ コタキナバル

近況

投稿日:

お久しぶりです。大分日にちが開いてしまいました!Covid19の活動制限で自由に移動ができず、カンポンには5月に一度帰ったきりでずっと街の生活です。その間ゾウに植えた木を何本も倒されたり、隣人のオスマンが母国インドネシアに帰国したり、色々ありました…。

今もサバ州は国家回復計画の第二段階ということで制限が多く、お仕事にも行けない人が多いです。ここコタキナバルでも毎日感染確認が1000人以上(検査を多くしていて無症状者を多く拾っていることもあり)となり、もうしばらくは制限の緩む第三段階へのはお預けになりそうです。

ここは日本よりもかなり厳しく対応していて、クラスターが出ると最低2週間その区画がPKPD(Perintah Kawalan Pergerakan Diperketatkan / 強化された活動制限)として封鎖されてしまいます。うちのアパートも先月下旬から昨日までPKPDでした。幸い許可された仕事に就いている人は職場等からのレターがあれば区画から出ることができますし、日用品の買い出しも短時間一人のみ許可されています。下の写真は隣の区画が閉鎖された際のものです。熱や住居、車のナンバー、出入りの目的など色々書かされます。

警察、RELAによる居住区出口での検問

そんなこんなで、慣れてきたとはいえ今も日常とは程遠い状態です。この状況下ではリアルタイムでブログを書こうとすると難しいこともあり、趣向を変えて再開してみようと思います。

動植物については今まで通り写真とともに説明も載せる感じにしつつ、これからは多く更新できるように撮りためた写真からその時のことを振り返りながら、簡単に何か書いていくようなスタンスでいこうと思います。

幸い写真は沢山ありますし、振り返りの良い機会かなとも思います。そして何より、自分なりの発信スタイルを気軽に続けながら考えていければという感じです。

また気長にお付き合いいただけると嬉しいです。よろしくお願いします!

-お知らせ, コタキナバル
-, ,

Copyright© カンポンライフ @ ダガット村 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.